工業用・設備用ポンプなら、省エネと長寿命の「ますだポンプ」

ホーム > 技術情報

ニュース・トピックス・お知らせ

進化し続けるステンレス鋼

ステンレス鋼は、その名の如く錆びない(Stain-Less)ハガネ(Steel)として1912~1913年に発明され、20世紀最大の発明の一つに挙げられます。
初めて登場した頃は、単に空気中では錆びないと言う程度でしたが、次第に進化を重ねて現在では酸に耐える性質、熱に耐える性質、酸化に耐える性質など優れた特性を持つステンレス鋼が続々と出現し、現在実用に供されているステンレス鋼の種類は実に多く、JIS(SUS規格)では80種類が規格化されております。

ステンレス鋼の金属組織は大きくは、オーステナイト相(γ相)とフェライト相(α相)の2種類ですが、γ相からα相への変態の遷移相としてマルテンサイト相(α′相)があり3種類に分類され、さらに高機能を付加したγ相とα相が混在する二相ステンレス鋼と、熱処理により靱性のある極めて硬度の高い二次相を析出する析出硬化型、二相組織で析出硬化による析出硬化型二相ステンレス鋼の3種類、合計6種類に分類されています。


当社では、ポンプ材に好適な耐食性、耐摩耗性と言う問題にいち早く取り組み、当社独自の開発材質として耐食、耐摩耗性に優れた「高強度のステンレス鋼」を完成させました。
「高強度ステンレス鋼」は、仕様が多岐わたる化学プラントや半導体工業の廃水処理設備等で多様されていた塩ビ製やゴムライニング製の高分子化合物製品に替わる耐食材として採用され、さらに圧倒的な機械的強度の優位性からご好評を得ています。

 

高強度ステンレス鋼の種類

MPH-24
析出硬化形ステンレス鋼(masuda precipitation.hardening stainless steel)
SCS1 3の耐食性に耐摩耗性をプラスした低コストの高機材、被溶接性も良い。

組織は、17Cr-4Niに析出硬化元素を添加して基地を低炭素のマルテンサイト化としたステンレス鋼で、特殊熱処理を施すことにより靱性のある極めて硬度の高い二次相を析出させた機械的強度の高いステンレス鋼鋳鋼で、耐食性はSCS13と同等です。

[特徴]
・SCS13並みの耐食性とHB375以上の硬度を併せ持っているため、耐食性と耐摩耗性が同時に要求れる箇所、例えばケミカルスラリーポンプなどに使用されます。 また、ステンレスポンプのしゅう動部分のカジリ付き防止部品としても使用されています。
・被覆アーク、TIG溶接等による溶接性が良く予熱・後熱などの必要はありません。

[用途]
ガス冷却プラント、スラリーポンプ、シュレッダーポンプ、カジリ付き防止機械部品、キャビテーション対策羽根車、化学機器の耐食、耐摩耗用部材

[機械的性質]
製品記号  耐力 N/m㎡   引張強さ N/m㎡   伸び %   絞り %   硬さ HB 
 MPH-24  ≧1,030 ≧1,240 ≧6 ≧375

【耐食・耐摩耗性の比較】
水酸化カルシュームスラリー15wt%
(PH4~8: Clイオン800ppm:50℃)
羽根車の耐食耐摩耗性
12~17%Cr鋳鉄
(全面腐食+摩耗)
MPH-24
(全面腐食ナシ)


MD-11

高強度二相ステンレス鋼(masuda duplex stainle ss)
亜硫酸・海水・塩化物環境での耐食性に優れ、強度もオーステナイト系やフェライト系ステンレスよりも優れている。被溶接性が良い。


組成は、25Cr-5Ni-2Moのオーステナイト相とフエライト相がほぼ等量混在している二相ステンレス鋼で、950~1100℃に加熱後急冷する固溶化熱処理状態では最高のじん性、延性を示します。
耐食性については、亜硫酸、海水、塩化物環境での孔食や応力腐食割れに対する抵抗性に優れているため、化学プラントや製紙プラント、海水を使う機器類、公害防止機器類に使用されています。 
なおMD-11はJIS規格を超える強度があり、被溶接性に優れている高強度のステンレス鋼ですが、MPH-24及びMDPH-30の析出硬化系よりは機械的強度は低くなっております。

[特徴]
・SUS316Lに匹敵する耐食性と高い靱性がある低コストの耐食ステンレス鋼鋳鋼です。
・被覆アーク、TIG溶接等による溶接性が良く、予熱・後熱などの必要はありません。

[用途]
濃硫酸、発煙硫酸等を取扱う硫酸プラント、銅電解プラントや製紙プラント、海水を取り扱う機器、公害防止機器類、各種メッキ電解液

[機械的性質]
製品記号  耐力 N/m㎡   引張強さ N/m㎡   伸び %   絞り %   硬さ HB 
 MD-11  ≧350 ≧600 ≧15 180~241

【耐食・耐摩耗性の比較】
炭カル石膏スラリー
(50℃×液比重1.2×濃度20wt%×PH4×9000Hr)
SCS14 MD-11
SCS14 MD-11


MDPH-30
析出硬化形二相ステンレス鋼(masuda duplex pre cipitation.stainless steel)
還元性から酸化環境まで広い範囲に抵抗性があり、硬度が高く機械的強度が優れているため腐食性の強いケミカルスラリー用に最適、被溶接性が良い。


MDPH30は、ステンレス鋼の中でも最上級のJIS規格SUS329J4Lを超える耐食性を示し特に耐硫酸露点腐食性に優れております。 
また、還元性から酸化環境までの幅広い範囲に対する抵抗性はALLOY 20に匹敵し、機械的強度はマルテンサイト鋼並みです。
組成は、オーステナイトとフエライトが混在するBalNi-28Cr-2.5Mo-2Cu-αから成る組織で、オーステナイトに固溶し、フエライトに固溶しないα元素を添加して粒界腐食を防止し、更にCu、R.E元素を添加することにより微細な金属化合物を析出させ、特殊熱処理で硬度HB375以上となる高強度の析出硬化形二相ステンレス鋼鋳鋼です。

[特徴]
・塩素イオン、フッ素を含む環境での抵抗性があり、硬度もHB375以上であるため耐摩耗性があり石膏スラリーや燐酸スラリーなどの腐食性の強いケミカルスラリー用に適し ています。
・被覆アーク、TIG溶接等による溶接性が良く予熱・後熱などの必要はありません。

[用途]
各種メッキ電解液、硫酸酸性スラリーや燐酸スラリーを取扱うポンプ、排煙脱硫装置・ゴミ焼却装置の腐食摩耗液の輸送、カ性ソーダ用、海水用、各種化学装置用ポンプ

[機械的性質]
製品記号  耐力 N/m㎡   引張強さ N/m㎡   伸び %   絞り %   硬さ HB 
 MDPH-30  ≧1,030 ≧1,240 ≧6 ≧375

【耐食・耐摩耗性の比較】
周速 22.0m/sec PH 1~1.5(硫酸酸性)
Cl 20,000ppm 温 度  50~60℃
20%wt石膏スラリー 運転時間 9.000hr
MD-11 MDPH-30
MD-11 MDPH-30

【濃度 20%・沸騰硫酸液に対する腐食試験の比較】
腐食試験